セッミ「いなくなって初めてその存在の大切さみたいなものに気付くんじゃないですか」