読んでいた本を目の前でごみ箱に捨てられたりしたのだが、何度かやってるうちに、ある本を見て絶句した。