小さな同窓会をしていて酒も回り始めた頃、知らない不細工君にからまれた。