「あだち充」の最高傑作といえば何?