俺『布地が劣化して切れてしまった』彼女『丁寧に扱わないからこうなる!思い出の品物を粗末に扱うな!』俺『好きな食べ物なんでも奢るから!』彼女『・・・・・』俺(怒!)