「ライトノベル」と「一般小説」のちょうど境目って作品