田亀源五郎先生があのガンダムキャラを気に入る「自分の絵柄のまんまでいける」