『孤独のグルメ Season6』10話感想 “漁師めし”という暖簾を見つけ、入る五郎。そして、五郎は規格外なアジフライの大きさに驚く!!