銭ゲバをみて思い出した話。あんなに可哀そうではないけど。