大和田南那という最高のルックス、最高のゴリ推しをもってしても自身の素行でこんな最後を迎えてしまう事実