「あんなブサイクに!もう感心するほどブサイク!屈辱なほどブサイク! 」