“人”のようなもの 前編