「ふん…。なんだよ、このしわくちゃババァが…。お前なんて○○の相手にもなんねーよ」