もうだいぶ前、小さな会社で“らしきもの”を見た話。 年末の忘年会に行くまで事務所で珍しくまったりしていたときのこと。